御嶽山の麓のまち・飛騨小坂。小坂の滝めぐりを展開するNPO法人飛騨小坂200滝の若手(?)ガイドが情報発信します!

2018年4月8日日曜日

ついに登場!初のキャンプ企画!!

新年度がスタートし毎日ポカポカ陽気が続きます。
小坂も例年より2週間ほど早く桜が咲きました!
はなももも徐々に開花が進んでいます♪

が、しかし!先日は雪が降りました!
窓を見ると何やら舞っているので桜吹雪かと思ったらただの粉雪。
桜の花びらに入り混じった雪を見るだなんて、いとをかし。
四季の醍醐味?を2つ一緒に見せてくれるなんてにくい演出じゃないですか!!


さてさて、前置きが長くなりましたが(いつも長い気がするのは内緒)今回ようやくご紹介ができる新しい試み!
昨年くらいからやりたいな~、やれるかな~といろいろ相談、検討していたものがついに形になりそうです。

そう、キャンプ企画!
今回はデイキャンプ企画として開催いたします!
注:今回の写真は全てイメージです!

キャンプと言えば火遊び焚火!!
お客様のアンケートで“小坂でどんなことがしたいですか?”という問いにとても多かったのがキャンプ
さらにはアウトドアクッキングロープワークなどなど。。。あとはガイドさんと一緒なら何でも!なんて嬉しい満点回答💮まで!(いつもありがとうございます!!)
そんな要望を一度に叶えられるような企画になればと思っています。

そして今回の目玉はなんと
ジークフリーダさんと
クッキアイオさんが同時参戦!

すっかりおなじみの両シェフが夢の?共演!!
今回は『一緒に作る』をテーマに体験プログラムとしてお2人のシェフにお越しいただきます!!

デイキャンプということでテント設営火起こし、おなじみハンモックの張りかた、アウトドアには欠かせない?!それ以外でも知っておくと意外と便利なロープワークなんかをレクチャーします!!(講師は我々小坂の滝めぐりガイド)

ハンモックの結び方や便利なロープワークまで!!

そして昼食はクッキアイオの松山シェフにバトンタッチ。
焚火を使ったアウトドアクッキングなどをもくろんでいます♪
もちろんお客様も一緒に作るからいつものキャンプのワンランクアップの秘訣なんかも聞けちゃうかも?!

写真は昨年秋の様子
今年の冬に開催した際のメニュー

スイーツはもちろんジークフリーダの北條シェフに。
今回はいつものおもてなしカフェトレッキングではありません!!
シェフからのレクチャーを受け皆さんが自分でスイーツを作っちゃいます!
次回ご自身のフィールドでマネできちゃうようなアイデアになるかもしれませんよ~♪

シェフとのおしゃべりもツアーの醍醐味!!
メニューは現在検討中♪※葉っぱは食べれませんよ

現在両シェフとも内容は検討中。
当日どんなメニューになるかは
お・た・の・し・み♪

とにかく今回はデイキャンプをテーマにプロからいろいろ技を盗んじゃおう!!
という、ジークフリーダさん、クッキアイオさんが揃う贅沢な企画です!
『デイキャンプ初めて~』という方はもちろん、普段やっている方はワンランク上のスキルを会得するチャンスかも?!


ツアーのしょうさい
日 付 : 5月28日(月)
時 間 : 10:00~15:00頃
集 合 : 中川原キャンプ場
料 金 : 6,000円/1名様
定 員 : 10名
(定員に達し次第受付終了いたします)
予 約 : 小坂の滝めぐり事務局
      TEL 0576-62-2215
      Mail info@osaka-taki.com

ご予約お待ちしています♪

ご興味のある方!ぜひ一緒に遊びましょ♪


記:こめ


2018年3月18日日曜日

あっという間の冬シーズン

3月に入った途端、毎日ポカポカ陽気♪
がんだて公園もオープンし春を身近に感じる今日この頃。

冬のシーズンも終わりを遂げようとしています。
以前のブログにも書いたように、今シーズンは特に氷瀑の結氷具合も良く、まさに最高のシーズン!我々ガイドも何度氷瀑を訪れたか。。。
しかし決して飽きることのない魅力がそこには常にありました!!

「長い冬も終わり。。。」なんて言葉をよく耳にしますが、ガイドにとって今年の冬は短く、気付けばシーズンオフ。
なんだか寂しい気持ちと、きたるグリーンシーズンへの期待・・・なんと複雑な気持ち!!

今年のグリーンシーズンもいろんな企画を検討中!滝めぐりや特別企画など現在進行形で企画が進んでいます。リリースするのが楽しみです♪

さてさて、本日はシーズン最後?昨日のツアーの様子をご紹介。
最後には新コースの情報も!?

まず言えることは最高の天気!!
まさに快晴ってやつ。雲一つないお天気です。
もちろん御嶽もばっちり!!


ウキウキで準備を進めてツアー開始!


写真からもわかる通り雪が無い!!
普段なら開始からスノーシューを装着するのですが今日は雪のある場所まで移動してからスノーシューを装着。

とは言え、やはり濁河温泉エリア。
コース内はまだ50㎝程度は雪が残っています!




実はシーズンオフ間際のルート、ちょっとだけ難易度が高いんです。
普段は気にせず歩いていた雪の上、その雪が溶けだすと現れるやっかいな奴・・・


そう、
絡まったり、滑りやすかったり。。。笹トラップだらけ!
この時期ならではの難所?を超えて進みます!

なんとまあ、ふぉとじぇにっく!!!
途中で休憩がてらキマった写真?を撮ったり撮らなかったり・・・
まあ、賑やかに進んだ先に目的の氷瀑が!


昨日現在の氷瀑の様子。
気温の上昇により融けたり崩落個所も見られましたが、相変わらずの存在感です!

ここで写真を撮ったり眺めたり、おのおの好きなように時間を過ごします。

集合写真を撮ったり
双子コーデ(レンタルウェア)で撮ったり
氷と戯れて撮ったり
最後はみんなで記念撮影!!


今年の冬シーズンはハイキング、氷瀑ツアーなど合せて延べ200名を超えるお客様にご参会いただきました。
ご新規様はもちろん、リピーターさんや常連さまなどたくさんの方々とツアーをご一緒でき、ガイド一同心より感謝申し上げます!!
きたるグリーンシーズンや来年の冬シーズンでまたお会いできることを楽しみにお待ちしておりますm(__)m

そして小坂にはまだ見ぬ氷瀑がたくさんあります!
次なる新規コース開拓のため動き出しております。。。
まだすぐには実現できないかもしれませんが最後にちょっとだけお見せしちゃいます♪

①‐1
①-2
②-1
②-2

乞うご期待!!


記:こめ




2018年3月2日金曜日

夜のがんだてでイタリアンディナー

気が付けば3月がスタートしています。
冬シーズンが開幕したと思ったらあっという間にあと半月ほどでシーズンオフ。
光陰矢の如しとはまさにこのこと。
この雰囲気は何か身に覚えが・・・そう、夏のシャワクラシーズンと近いものを感じています。
しかも冬シーズンに!!
これまであまり感じたことのない忙しさ?に違和感を覚え2月に何回フィールドに出たかを数えてみたとこなんと12回!!
28日しかない2月のうち12日はガイドや取材(今晩もNHKさんで放送されます!)でフィールドに出ているわけです。
どうりで充実した月になったはずだ~


しかも先日25日は初の試みでディナー企画を開催できました。
おなじみの名店『クッキアイオ』さんの全面協力のもと、冬のがんだて公園案内小屋でジビエを使ったイタリアンディナーをお楽しみいただきましたのでちょこっとその様子を♪

まずこの企画、リリース当日に即日満員となる盛況ぶり。
参加のお客様の中には日中の氷瀑ツアーを体験されてそのままイタリアンディナー企画という、まさに小坂を1日中お楽しみいただく素敵なツワモノも!!

入り口には【ラ・カスカータ】イタリア語で“滝”を意味する名前。
焚火台も点火しお客様を待ちます。


普段は案内小屋としているのですがこの日は少し特別。
山小屋風をイメージしたレイアウトに姿を変えました~


松山シェフも着々と準備を進めてくださいました(^^)


お客様も徐々に集まり。。。


皆さんお揃いのところでお待ちかねのイタリアンディナー!!
今回はなんとガイドも同席という新たなスタイル!!

『ガイドとお客様の距離を縮められるようなディナー企画にしたいね』という松山シェフのお心遣いでこのようなスタイルとなったのですが、いつも以上にお客様とお話しができ、普段なかなか聞けないあんなことやこんなことをたくさんお話しできる、ガイドにとっても貴重なお時間となりました。

もちろんイタリアンは言うまでもなく絶品!!
イノシシやシカのお肉を使ったジビエメニューなどもご提供いただきました♪



シカのローストやイノシシのパテ、イチゴとマッシュルームのサラダなど美味しいメニューが盛りだくさん!!
今回はあえて取り分けスタイル。
お客様同士、ガイドを交えてお料理をシェアすることで会話が生れるような仕掛けにしてみました。


そしてこちらがメインの煮込み料理!
イタリアンのおでんをイメージした一品!ホロホロに煮込まれた野菜や肉団子など具だくさん!!

フォークも会話も進む進む。
あっという間に時間が過ぎてしまうツアーとなりました。。。


ツアーの締めはあえてホットドリンクを片手に焚火を囲んで意見交流を行いました。
気温は低いけれどアツい意見交流になりました。


今回の企画を経て、さらに磨きをかけるべき点や修正が必要な点がより明確になったかな。
さらに素敵でより完成度の高い企画にすべく、今以上に頭を絞っていかなくては!!

そして、何よりこの企画は『クッキアイオ』の松山シェフあっての企画。
お客様のため、小坂のためにご協力いただいている本当にアツく、素敵な方です!!
松山シェフをはじめ、ジークフリーダの北條さん、緑の館の野村さんなどプロの方々にご協力いただき実現できる企画が小坂のフィールドでご提供できることはとっても幸せなことです。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。


さて、3月もスタートし明日からはまた冬の滝めぐりガイド!!
冬シーズンの賞味期限は短いですよ~

そして春以降開催予定の企画アイディアも盛りだくさん!!
早くリリースできるように頑張ります!

記:こめの

2018年2月19日月曜日

今年の氷瀑はサイコー!

さて、すっかり滞ってしまった滝めぐりブログ。

決して活動していないわけではないんです!

サボっているわけでもないんです!?

ただ、、、

なかなか山から下りてこられなかったのです!!!

ちと、誇張しすぎましたが実際にほとんど滝漬けな毎日。

「夏のシャワクラ再来か!?」と思うほどに連チャン。

今年はとにかくリピーターさんが多い!

ガイドとしてはうれしい限り!!!

さらに今年は過去サイコーの氷瀑を見せ続けられています。

雪は少なく気温は低い。「カラジミ(空凍)」

10年来この滝に通う仙人すらもうなる出来。

僕自身毎回感動しっぱなしです。

次の4枚の写真はだいたい1週間おきに撮影したものです。
(ちなみに僕は2か月で12日通いました。つまりならしても週一は行ってる)

だんだん滝の流れが隠れていくようすがわかるでしょうか?

一日たりとも同じ姿を見せてはくれないのです。

この劇的な変化、そしてはかなさ。

繰り返します、今年はサイコーです。

しかもカコサイコーです。

自然との出会いはそもそも一期一会。

私は何度も同じ滝に行きますが一度たりとも同じ表情に出会ったことがない。

氷瀑はそんな体験をよりドラマチックにトラスチックに訴えかけます。

この感動体験は身震いするほどに鮮烈な体験となるでしょう。

ぜひこのゾーンへ足を踏み入れていてはいかがでしょうか。

未知なる扉を小坂で開いてみませんか?

みなさんのご来訪おまちしていまーす!







記 クマ  

2018年1月30日火曜日

【モニター募集】冬の夜を楽しむイタリアンディナー

久方ぶりのブログ更新となってしまいました(*_*)
最近はInstagramやFacebookなど写真を撮ってスマホでちゃちゃとアップできるSNSがめっぽう便利
パソコンに向かって文章を考えることもたまにはやらなきゃ・・・と思いつつもさぼり気味なブログをようやく更新しています。“こめ”こと米野からお知らせです。

今年から新企画として春、秋と地元の名店『クッキアイオ』さまとコラボしてイタリアンランチツアーを開催してきました!

雰囲気作りにもこだわって開催したランチツアーの様子♪
そして今回!!冬の夜を楽しむべく再びクッキアイオさんのご協力のもとイタリアンディナーを楽しむツアーを企画いたしました。

※2017春のランチツアーのお写真

今回はモニターツアーということで人数限定でご紹介させていただきます!!

まずはざっと詳細を。。。

日付:2月25日(日)
時間:17時30分~19時30分頃
場所:がんだて公園案内小屋
料金:おひとり様4,000円
定員:6名様

内容といたしましては、冬のがんだてをひとり占め(定員6名様だからろくにん占め?)しながら楽しむイタリアンディナー。
天気によってはこんな景色を眺めたり、焚火をしたりと楽しめちゃいます♪


冬の夜、ひっそりそびえるがんだてはなんだか神秘的!
月明かりが雪に反射して夜なのに青白い?世界が広がります。
冬の焚火はまた格別!火を囲って語れちゃう?!
とは言え、もちろん外は寒いのでディナーはがんだて公園案内小屋でいただきます♪
この日のがんだて公園案内小屋はいつもと雰囲気を変えて山小屋風にアレンジ!

※写真はイメージです
薪ストーブで暖まったお部屋でイタリアンを楽しめます!
今回は小坂で獲れたジビエを使ったイタリアンも登場!旬の食材を特別な空間で美味しくいただくちょっと贅沢な時間はいかがでしょうか??
※写真はイメージです
2017年秋のランチツアーのお料理です

冬の夜も楽しいこと満載です!!
ぜひ遊びにいらしてくださいね~(^^♪

記:こめ

2017年12月18日月曜日

年末恒例・三ツ滝にしめ縄かかりました!

先日15日をもって今シーズンのがんだて公園における滝めぐりの案内が終了しました。がんだて公園も三ツ滝もここからは冬眠です。

ですが、新年早々がんだて詣ででは再び1日だけの賑わいを取り戻すのです。
詳しくはこちら→飛騨小坂観光協会Webページ

がんだて詣での目玉でもある【大しめ縄】を三ツ滝にかけるべく本日ガイドががんだて公園に再集合。力を合わせて長さ8mの大しめ縄をつくりました。
「どうやってしめ縄を作るの?」「どうやって滝にしめ縄をかけるの?」という皆さんから寄せられる(であろう!?)疑問に答えるべく先日のしめ縄づくり&しめ縄かけの様子を紹介したいと思います!

まずはさかのぼること半年以上、田植えから始まります。そう毎年しめ縄に使う材料は滝めぐりガイドのヤマピの家で収穫するコシヒカリからできているのです。


まずは下準備。大量の稲わらをすぐって(かたい部分だけを残して)束にする作業からスタートです。束にしたワラを水に濡らし、こん棒で叩いて柔らかくします。寒空の下ですが火をたいたりしてみんなでワイワイ、いや、もくもくとやります。


下準備を終えた材料は三人がかりでしめ縄に編み込んでいきます。この作業には経験と勘とチーム
ワークが必要です。この作業は毎年チーム坂下(さこれ)と呼ばれる地区の神社の仕事でいつも一緒に(?)しめ縄を作りなれた3人衆(理事長、田口さん、たかとしさん)によってリズムよく編み込まれていきます。このほかに材料供給役が必要で餅つきのように合いの手を入れる女房役が必要なのです。今年は若手のへいちゃん、こめちゃんに務めてもらいましたよ~♪ベテラン&若手のナイスコンビネーションです!


みるみる間に小屋の外に飛び出しました。これで半分。もう半分を同じように作ります。
長さがそろったら整形。飛び出したわらをハサミで切って幣束などの飾りをつければしめ縄完成!


 今年はあまりにスピーディーにできたこととお昼ご飯が待ち遠しいこともあり、出来上がって間もなく滝に懸けるべく早々に運ばれていったため、完成写真を撮り忘れました(笑)※写真は過去のものです。


さて、これでどうやってしめ縄が出来上がったかはお分かりですね。でもまだ「しめ縄はどうかけるの?」という疑問が残っていますね~。まずは身支度を整えます。ガチャガチャ言わせながら三ツ滝へ向かいます。


続いて三ツ滝2段目に両岸にそれぞれ1名づつ降り立ちます。右岸へは遊歩道から約3mほど崖を降ります。続いて左岸には道路側から約20mの懸垂下降(ロープ一本で垂壁をくだります。)で降り立ちます。やってる本人よりも見てるほうが怖い光景かも。


そのあとロープを滝の上に渡し、それにしめ縄を順番にくくりけ渡していきます。意外と重く2人がかりでひっぱります。張り具合は理事長が50m下流の滝身橋から見ながら拡声器で指示します。これで見た目もばっちり!完成です。


ことしも想いがつながりました。とはいえ冬の間人知れずひっそりと滝にかかっています。唯一1月1日のがんだて詣での際には三ツ滝遊歩道は滝三橋まで通行止めが解除されますので是非ご覧くださいね!

今年もあとわずかですね。滝めぐりにお越しいただいた方、そうでない方、このブログを読んでいただいているみなさん、今年一年ありがとうございました!そして来る年も小坂の滝めぐりをよろしくお願いします♪

記クマ